介護 オープニングスタッフ

【介護職オープニングスタッフ多数!】おすすめ介護求人サイト

カイゴジョブは、主に介護・福祉に関する求人情報をまとめたサイトです。

 

介護士・ヘルパーから、医療事務、管理栄養士など、獲得した資格を存分に生かせる職場が多数登録されています。
未経験・無資格でも、介護に携わりたいという思いがあれば、条件に合う仕事が必ず見つかります。
求人情報は全国に及び、常時非常に多くの求人が登録されています。
求人情報がどの介護求人サイトよりも多く掲載されているので、オープニングスタッフの求人情報も多数あるのが特徴です。

 

カイゴジョブを利用する会員数は全国で60万人以上が登録しています。
運営は東証一部上場の株式会社エス・エム・エスが行っています。

 

有料老人ホームやグループホームなどを始め、デイサービスなどの形態のオープニングスタッフの求人も多くあり、職種も幅広く募集されています。
新しくできた介護施設で正社員で安定した収入を得たいという方や、新しい環境でパートで時間を有効に利用したいという希望にも添えるよう、オープニングスタッフの募集が多く掲載しています。

 

カイゴジョブは介護職に携わる方が集まり、情報交換を行う掲示板もあり、悩んでいる事や、不明な点なども気軽に相談出来ます。

 

ケアマネ業界ではNO.1の書き込みと回答率で、あなたの相談事をいつでも協力にサポートしてくれます。
また、インターネットで求人を探すのは少し苦手という方にも、電話でサポートすることも可能です。

 

希望の勤務地、職種、雇用形態などを伝えれば、カイゴジョブスタッフが希望に合うお仕事を提案してくれます。
オープニングスタッフの条件のいい求人がないかも聞いてみましょう!

 

カイゴジョブは会員登録も、サービス利用も全て無料で行われます。
介護関係の職に就きたいとお考えであれば、
完全無料でご利用いただけるカイゴジョブで探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

介護職として求人を行っている関係のサイトは無数に存在します。
それだけ現場の人材不足感は高いわけです。
ただし、これから介護職として働きたいという人の要望に応えられる求人サイトかどうかは、分かりません。
したがって、自分に合ったところ、自分の条件に合ったサイトを探し出すことが求められます。

 

これから介護の事業所を立ち上げるためにいわゆるオープニングスタッフを募集する場合にあっては、
特定の求人サイトが対応している場合がよく見受けられます。
このため、これから新規開設するところ専門の求人サイトを探すことが大切です。

 

ただし、オープニングスタッフを募集しているからといって、必ずそこが開業するかどうか一般的には分かりません。
特に新規事業に関して制限がある地域密着型サービスとりわけ認知症対応型共同生活介護いわゆるグループホームなどは、
その地域の行政自治体が認めなければそもそも許可が下りなくなっています。
箱物すなわち建物だけが出来ていても、介護保険サービスの提供を行って良いかどうかの許可申請及びその認可は、分からない場合もあるのです。

 

認められない場合には、そもそも開業自体が出来ませんから、
いくらオープニングスタッフを雇用してもその仕事が無かったり、よりひどい場合には賃金の支払も無くなってしまうでしょう。

 

開業に関することでは、この他にも注意点があります。
特に応募する側よりも応募を受け付ける側の問題ですが、介護保険事業所には人員に関する基準を遵守しなければなりません。
人員に関する基準以外にも運営に関する基準などもありますが、オープニングスタッフで問題になるのは概ね人員に関する基準についてです。

 

この基準は、それぞれの介護保険事業ごとで異なっています。
無論ですが、この人員に関する基準が守れないような場合には、事業所の新規指定がされない場合もあり得るわけです。

 

また、新規開業しても途中でこの人員に関する基準などの諸法令が守れなくこともあり得ます。
この場合には、休業届出を出して認められれば、とりあえず事業所指定の取り消しは免れますが、
その後の状況の変化が無ければ廃止届出を提出するようにと指導される場合もあり得ます。

 

すなわち、人員に関する基準が守れないような事業所は、
介護保険制度の事業所をやめてくださいというのが行政のスタンスなのです。

 

求人サイトなどでいくら条件が良いものを見付けても、
そもそも人員に関する基準が守れているのかどうか、オープニングが可能かどうかをよく見極めることが非常に重要です。

 

法人が経営母体ですから、その経営母体がしっかりしたところかどうかぐらいは、確認を要します。

 

介護職として働くことを希望する以上、
その事業所が安定して働ける環境かどうか、重要なポイントです。
したがって、働く上でオープニングスタッフなどの充実度をよく確認することは必要不可欠な事柄となっています。

 

求人サイトだけでは分かりにくい部分もありますが、それでも同じ介護職の人からの情報は得られやすいでしょう。

 

求人サイトでは、職種の募集欄も要チェック項目となります。
職種があまりにも色々な人を募集していると、本当にオープニングが出来るかどうか分かりません。

 

人が急に事態をした可能性もあるでしょう。

 

急に辞退をした人が一人程度であればまだしも、複数人が辞退したようなところでは、まともに働けるところかどうか疑わしくなります。
求人サイトのチェックやおすすめのところなどは、一つだけとは限りません。
複数の求人サイトで同じような求人を見かける場合もあり得ます。
したがって、様々な情報に惑わされずに重要なポイントを絞って求人サイトを確認することが、とても大事です。

 

 

介護の仕事は経験を活かせる仕事
私は、実家で祖母の介護を手伝っていた経験があります。母がやっていることを何気なく見ていたことが、自分の介護の知識となっています。介護の仕事を続けている中で、祖母を思い出しながら、母だったらこんな時、どうしてあげたかな?と考え、対策方法を見つけることもありました。

 

祖母はとても怖い人でした。気に食わないと大きな声で怒ることもありました。介護の仕事で、祖母よりも怖い人はいません。怖い利用者と言われている人でさえ、私から見ればまだまだ優しい人です。同僚がお手上げの時に、サポートとして手伝うなど、頼りにされることも多くなりました。お給料は少ないと言われていますが、今は子供もいないので、それほど生活が困難に感じません。

 

介護の仕事は、多くの人間関係を必要とするものです。介護の職員だけでなく、利用者の家族とも連携しながら利用者のお世話をします。私は、若い時は人間関係を築くのが苦手でした。でも、お年寄りと会話するようになり、多くの人と接することの楽しさを教えられました。祖母の介護の経験から介護の仕事に就き、このように生活できていると感じる時があります。今の仕事に関心を持てるのも、怖かった祖母のおかげだと感謝しています。

 

介護の現状
少し前にニュースによく上がっていた、介護士が利用者を虐待するニュースがあった。あそこまではひどすぎるにしても、やはり、仕事上、利用者への不満というのはないわけではありません。高齢になってくると、自我が出てきて、自分が一番正しいというスタンスの方が増えます。可愛い性格のおばあちゃんやおじいちゃんは、ごくわずかに感じます。その、自我が出てくる、簡単にいえば本当にわがままなため、いうことをなかなか聞いてくれず苦労することがあります。
最近のことですが、わがままな性格の方の1人が、あまりにもいうことを聞かず、認知症が入っているため、職員何人もを引っ掻き回すという事件がありました。職員の手に負えなくなった利用者は、病院へ搬送されましたが、職員は顔や体の一部にひっかきキズが残りました。
みなさんが思うように、介護職はなかなかの重労働であり、また、問題視されている、給料が安いという大きな問題があります。正直、離職率も高く、若い子が入っては辞めての繰り返しです。私はこの仕事が大変な中にもやりがいを感じているので続けていますが、辞めて行く人の不満は、この重労働でこの給料、というところにある人も多い現状です。この問題が解決されない限り、これから高齢者がもっと増え、介護の職員が増えないというのは、恐ろしく感じます。

 

 

介護職に就く時に注意したい事
これから介護職に就く時に注意したいこととして、第1に法人名がついている所がおすすめだと思います。〇〇会と名前が付いている所は、理事長や会長なる人が立ち上げた施設であることが多いと思うので、理念や目標が立派でも、内部はそうでもない…という事も多々あると思います。上層部の状況が分からない以上は、施設名をよく見て、出来るのであれば内部事情を知る人から話を聞いたりする事が安心できる職場へ就職する確実な道です。実際働いている人から紹介してもらえるのなら1番かも知れませんね。

 

次には、求人情報です。私が以前介護 派遣 神奈川で求人情報を探していた時に気づいたことですが、しょっちゅう求人を出している所は、例え今の管理職がいい人であっても、いつその人が辞めるか分からないです。実際の現場では人員が確保されていなくて、1人に掛かる仕事量が過剰であったり、職員が定着していない事で仕事内容が一貫していないので、色んな人から違う指示をされてしまって混乱したりする事も多くなってくると思います。上司に関しては、選べません。気をつける事も出来ませんよね。就職面接の時には、お互いに精一杯頑張っている姿を見せていますので、正直一緒に働くまで分かりません!そこは割り切って付き合うか、もっと信頼の置ける先輩を見つけてその人から学んだり、相談をするのが良いと思います。

 

今の時代、介護職は必須な社会資源と言えます。頑張り過ぎず、活躍してもらえる事を願います。

 

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ