介護職のやりがい

介護職のやりがい

私が思う介護職のやりがいは、季節の行事を通して、利用者さんと共に季節の変化を感じることができることだと思います。
季節の行事としては、もちつき、豆まき、ひな祭り、お花見、七夕祭り、敬老の日、運動会、紅葉狩り、クリスマスなどがあります。
去年の2016年に、私が一番楽しかったと思う季節の行事は、クリスマス(12月25日)でした。
クリスマスイブの日に、利用者さん個別の記念写真を撮りまして、できた写真をクリスマスプレゼントにすることになりました。
記念写真を撮るときに、利用者さん全員にサンタの帽子を被ってもらいながら撮影をします。
サンタの帽子を被ることによって、クリスマスの日に撮影したということが分かるからです。
クリスマスの日に、介護職員全員がサンタの帽子を被りながら、利用者さん全員にクリスマスプレゼントを渡しました。
男性介護職員はトナカイの着ぐるみを着て登場しましたが、これが利用者さんに評判が良くて意外でした。
女性利用者さんが、トナカイの着ぐるみを着ている男性職員に「あなた、とっても似合ってるわよ。」と声をかけていて、私はそれを見て思わず笑ってしまいました。
利用者さんはプレゼントを渡されると、とても喜んでいました。

ホーム RSS購読 サイトマップ