ありがとうの一言

ありがとうの一言

私は介護の仕事をし定年退職をした者ですが、在職中にいろいろな場面やいろいろな難しい人との関わりを経験してきました。
その中で認知症の女性の方との関わりをお話ししたいと思います。いつもニコニコして穏やかなお顔をされている方で、食事介助や排泄介助に置いて人の手を借りて何かをしていただいたという意識があり、都度優しい笑顔でありがとうと言ってくださいました。そんな時ありがとうと言う感謝の言葉はいろんなシーンで耳にしますが、認知症の方がご家族の名前等わからなくなっても私たち介護する側に、ありがとうの言葉を言って下さることは本当に、この仕事をしていてよかったと思える瞬間だったように思います。
もう1人の方のことをお話しします。
男性の方ですが、やはり認知症の方で軍隊にもいかれた経験のある方で体で覚えた規律正しい動作が送迎時の車の乗り降りの際、今日もありがとねと言うのが口癖で、ついこちら側もありがとねと言うのが愛言葉のようになりほっこりした気持ちになることが多々あり、この仕事をして本当に良かったと思える瞬間です。どうしても意思疎通がなかなか図ることの難しいご利用者様、身体的障害のある方などなどたくさんの方と関わっていると精神的にも肉体的にも疲れることがありますが、長い人生を過ごし自立出来ず介護を受けることは、ご本人にとってはとても辛いことであると思います。
介護するものとして優しい心で接してあげると、ありがとうの一言がいただけるのではないでしょうか。

ホーム RSS購読 サイトマップ